バイアグラは糖尿病だと使えない!

糖尿病患者は増加傾向

糖尿病患者は増加傾向

糖尿病患者は地球上のあらゆる地域で年々増加していると指摘されています。日本でも、1975年には約100万人であった糖尿病患者が、1995年の調査では237万人と推計され、20年間で約2倍以上に増えているのです。

 

また、1997年に行われた、国民栄養調査の際に測定されたものでは、「糖尿病が強く疑われる人」と、「糖尿病の可能性を否定できない人」の数は1380万人にも上る妥当と推測されています。
ますます高齢化が進む中、糖尿病患者の増加にもさらに拍車がかかるとも言われています。

 

このような状況は、環境条件の変化が主因であることが明らかにされています。糖尿病が生活習慣病と言われていることは良く知られていますが、今こそ生活習慣の改善によって、糖尿病を予防することが重要であると強調したい。

 

そのことが同時に、ペニスの勃起をはじめとした性機能を良好に維持し、健康で生き生きとした中高年気を生き抜くキーポイントにもなると確信するからです。

 

これほど多くの糖尿病患者がいるにもかかわらず、そして男性はその半数以上の人に勃起障害が表れているのに、そのことに訴えて、泌尿器科を受診する男性があまりにもう少ないという事実です。
本人はもちろん、家内家族、主に妻の勃起障害に対する無認識やあきらめ、羞恥心などがこの原因ではないかと考えられています。