バイアグラは糖尿病だと使えない!

バイアグラの副作用について

バイアグラの副作用

バイアグラはその極めて高い有効性と飲み薬であるという簡便さから、勃起障害に悩む患者さんはもちろん、泌尿器科医にとっても喉から手が出るほど欲しかった薬です。

 

一方で、すでにマスコミ等でしばしば取り上げられているように、服用方法を間違え、あるいは、飲んではいけない人が飲んだ時、生命にかかわる重大な副作用が出ることがあるのです。

 

しかし、これは非常に限られた条件が、たまたまそろった人に起きた不幸であり、それをことさら下に合つらい、あたかも誰にでも起こり得るかのように勘違いしてはもったいない話です。

 

バイアグラの有効性を十分に利用し、夢の薬の恩恵にあずかるためには、その副作用についても十分な知識を持っておいていただきたいのです。もちろんバイアグラを飲んではいけない人の条件、これはどうしても知っておいてほしいことです。

 

ここでバイアグラの副作用について、少し一般的な説明をしておきます。薬というものは諸刃の剣であるとは昔からよく言われていることです。薬物の持つ作用機序、いわゆる薬理作用というものは、体の効いてほし部分に、効いてほしい方向に飲み働くという都合の良いものではありません。副作用のない薬はないといってもいいほどなのです。

 

しかし、薬を服用すると、いつも副作用が出るかというと必ずしもそうとは言えません。福利の本来の薬理作用に加え、クスリの料や時間といった用い方、そして、クスリを用いる患者さん自身の体調や、年齢、体質などの要因が重なって、副作用は出たりでなかったりするものなのです。

 

バイアグラについても全くこの通りなのです。そしてもう一転、クスリを用いるときに注意すべきことに、相互作用というものがあります。これは同時にとったほかの薬や飲食物との間で、その作用がお互いに影響しあい、薬の効果に変化が表れることを言います。副作用の出現する原因としては、最も多い例です。

 

特にバイアグラの服用に察しては、この相互作用による副作用の発言が命にかかわる問題として最も重要なことです。