バイアグラは糖尿病だと使えない!

バイアグラの死亡事故

バイアグラの死亡事故

1998年5月23日に、「アメリカでバイアグラを服用して6人が死亡」という記事が報道されました。アメリカでもパニックを巻き起こし、日本でも個人輸入でバイアグラを手に入れていた男性を中心に騒然としました。

 

6月になると、アメリカでの死亡者数は30人に膨れ上がり、アメリカの食品医薬品局が本当にバイアグラが死亡原因と関係があるのか調査しました。日本でも7月15日にバイアグラを服用した3時間後に男性が死亡したということが明らかになっています。

 

バイアグラはアメリカのファイザー社が開発して、1998年3月に日本の厚生省に当たる、アメリカの食品医薬品局の承認を受けた薬です。

 

ファイザー社は25r、50r、100rの錠剤を販売しています。アメリカでの希望栗価格は1錠9ドル前後です。日本では病院で処方されるほか、病院や薬局で購入できますが、個人で使用する目的なら30日間分に限り個人輸入することが認められています。

 

認可が下りているので、今ではバイアグラを堂々と買うことができるのですが、今となっても個人輸入で購入する人のほうが多いようです。

 

また、バイアグラを購入するための個人輸入業者が急速に増え続け、簡単に簡潔に手配できるシステムがあります。

 

便乗して旅行会社なども、バイアグラが登場したときには、タイやハワイなどでの購入ツアーなどもありあましたが、規制がかかりいまではなくなっています。

 

しかし、バイアグラを安易に使用することはお勧めできません。バイアグラに副作用があることは製造元であるファイザー社も認めていることなのです。さらに、心臓病患者が服用するニトログリセリンなどの硝酸薬を含む医薬品と一緒に服用すると危険だということもわかっています。バイアグラの間違った使い方は市に直結するので正しい知識を身に着けるようにしましょう。

 

もしもあなたがバイアグラを使いたいと思っているのなら、勃起機能にどのような作用をもたらすのかという興味本位だけでなく、この薬を飲んでも自分は大丈夫なのか?どういう副作用があるのか?いつ飲んだらいいのか?どのぐらいの量を飲むのがいいのか?自分の体質と体の安全をかんげて、これらのことはすべて知っておくべきことなのです。バイアグラによる事故を防ぐ意味でも、こうした正しい知識を知っておくことが大切なのです。

 

バイアグラは十分な知識をも手から使って、初めて人生を楽しむことのできる薬となるのです。