バイアグラは糖尿病だと使えない!

糖尿病だとバイアグラは使えない

糖尿病だとバイアグラは使えない

人類の希望ともいえる薬が1990年代に開発されました。その名もバイアグラで、多くの男性が持っていた性の悩みを解決してくれる素晴らしい薬です。

 

その効果がある半面バイアグラには、使用時の注意事項や、使用するための条件があります。

 

このことを念頭に置いて知っておいてください。

 

現在の日本人の男性は多くの方が糖尿病にかかっていて、その人口は増加の一途をたどっています。

 

糖尿病になるとなぜかEDになりやすいと言われています。EDとはペニスが勃起しにくくなる状態のことを言います。

 

それは、EDの原因が血液の流れに関連しているからなのです。
糖尿病にかかってしまうと、糖度の高い血液が体中を巡りますので、廻った部分の血管に負担がかかり、最終的にはボロボロになって、血管が使い物にならなくなるのです。

 

症状が表れるのは毛細血管から始まります。心臓や脳の血管は比較的太いので大丈夫なのですが、ペニスの血管は細く弱いので、まず血管が傷んでくると症状の表れる部分なのです。

 

多くの人が糖尿病とEDは関連がないものだと考えているので、勃起できないのならバイアグラでも使ってみようかと考えるものなのですが、ここで待ってほしいのです。

 

バイアグラはファイザー製薬者が製造して販売しています、ファイザー製薬は医師向けにもユーザー向けにもバイアグラのハンドブックを発行して、バイアグラについての知識を広めてほしい、バイアグラ使用の条件や注意事項を知ってほしいと考えています。

 

糖尿病患者の方のバイアグラの使用を禁止

そのバイアグラのユーザー向けのガイドブックの中に「糖尿病患者の方のバイアグラの使用を禁止」という項目があります。

 

バイアグラはPDE5という酵素の働きを抑えて、血流を良くすることでペニスを勃起へと導きます。しかし、血管がボロボロになっている糖尿病患者ではその血流の勢いで血管が破れてしまう可能性が想定されるのです。

 

それが、心臓近くで起これば大参事です。目の近くで起こると、眼球内の色素が破壊されることも想定されます、脳で起これば脳出血です。

 

それほどにバイアグラは強力な薬だということなのです。血液の病気である糖尿病患者とバイアグラはとても相性が悪いものなのです。

 

しかし、糖尿病患者がEDを併発することはよくあることなので、この件で悩んでいる男性の糖尿病患者はとても多いのです。

 

このような人たちがEDを改善するためには、糖尿病を感知させる必要があります。糖尿病の完治はとても難しいとされています。しかし、医学の進歩で少しずつ糖尿病も不治の病ではないようになってきています。

 

先日私がみた新聞記事では、水素水というものが糖尿病患者にとても有効だというものがありました。これを体内に服用することで血管の若返り効果が期待できるというのです。
現に水素水を服用した糖尿病患者が完治したそうです。

 

このように糖尿病が完治すればバイアグラを使用することなく、自然とEDは改善されるはずなのです。
糖尿病患者にとってバイアグラは服用してはいけない薬だということを知っておいてください。